合宿免許のときの荷物について

合宿免許の場合には、プランによってさまざまなものがありますが、たいていはドライビングスクール近くに位置しているホテルや旅館、ウィークリーマンション、あるいはドライビングスクール内の寄宿舎といったところに共同で宿泊をしながら、卒業のでの期間を過ごすことになります。

この場合、ホテルや旅館であれば、最初からアメニティグッズとして、くし、ひげ剃り、ナイトキャップといったものが常備され、また寝間着やバスタオルなどもありますので、あまり自宅から荷物を持ち込まなくても、現地で十分に調達できる場合があります。



それ以外のウィークリーマンションなどの場合には、こうしたアメニティグッズは自前で準備するのが原則となっていますので、自宅から当日持参をするか、あるいは現地のコンビニエンスストアなどで購入をするということになります。



このように、合宿免許の宿泊地によっては、荷物として準備しておくことが必要な内容も違ってくる可能性がありますので、あらかじめ検討しておいたほうがよいといえます。また、合宿免許の期間中の着替えなども、やはりある程度の分量は持参する必要があるといえますが、もともと数週間程度の滞在となることを見込んで、現地のホテル、旅館、寄宿舎などにコインランドリーが常設されていることがありますので、その場合は小銭を用意しておけば、着替えそのものは最低限の持ちあわせだけで済みます。
ウィークリーマンションのように、コインランドリーが設置されていない場所であっても、ごく近いところに民間のコインランドリーはあるものです。